コーティングメンテナンス

2013年10月31日

先日のコーティングメンテナンスでお預かりしたお車です。
施工から半年以上、走行距離は施工時から2万キロ弱。
お客様のお仕事の都合で高速道路を多用されるそうです。

以前も似たような動画を撮りましたが、今回は走行距離が多めのホンダのブラックということで、過酷な条件で使われている車の性能を確認できればと思います。

動画はシャンプー洗車後に、右の運転席のドアが施工後。左の後部座席のドアが施工前です。

メンテナンス後のパネルは水切れが早く、セームで吹き上げるとすっきり水が切れます。
反対に施工前のパネルは水がきれずに、吹き上げると水垢であとが残ってしまいます。

ガラスコーティングのいいところは汚れや水垢が付着してもコティング面を犯さずにメンテナンスで除去できる事。
傷が消えるわけではありませんが、水垢や油膜がなくなることで艶が戻ります。
(映像ではわかりませんが・・・)

さて、もちろんこのままというわけにはいきません。
高座席のドアもメンテナンスで綺麗に。すると・・・・・・

はい。運転席と同じようにスーっと水が切れるようになりました。

ガラスコーティングはポリマーに比べて耐久性が高くなっています。
しかしその間何もしなくていいというわけではありません。
とんなに丁寧に洗車しても落ちきらない汚れというのはあります。
定期的なメンテナンスが必要なんです。

また撥水しなくなった。水垢が落ちない。は、コーティングが効いていない・・・ということではありません。
お手入れや環境に問題があったり、メンテナンスを受けていないことが原因かもしれません。

施工から1年を経過する前に、ぜひイリオス新潟のコーティングメンテナンスをお試しください。
そして入庫の際にスタッフにあれこれ聞いてみちゃいましょう!

DSCN2377


●新潟市中央区 車のコーティング専門店●

・ガラスコーティング ・ポリマーコーティング
・コーティングメンテナンス ・カーフィルム   
・板金塗装修理(保険対応)

有限会社イリオス新潟  新潟県新潟市中央区三和町6-9  Tel 025-241-7300