DKコンパウンド DK NEXT CUT シリーズ

2017年1月19日

DK(ディー・ケー)とはディテイリング・キングダム(Detailing Kingdom)というディテイリング用品を取り扱うメーカー。

そのDKの主力商品、コンパウンドをご紹介します。

DSCN3620



「DK NEXT CUT 1.1」

1.1は細目の水溶性コンパウンドです。
現在主流の水性コンパウンドは研磨性能に優れ、脱脂作業が容易という利点がありますが、
研磨性能を引き出す為には技術を要し、ポリッシャーやバフとの相性もシビアで、いわゆる鏡面仕上げを行うまでに経験を要します。

1.1はこの取り回しの悪さを解消し、あらゆるポリッシゃーやバフとの相性が平均的であり、むしろその組み合わせを変えることで研磨力を自在に操ることができます。

例) トヨタ・クラウン 202ブラック
DSCN4327

15895258_1501930553169829_5323879985237123512_n

強烈な洗車キズですが、ダブルアクションポリッシャー(メタボ社)と固めの低反発バフの組み合わせで・・・

15977380_1501930629836488_314018057052683184_n

1回の研磨作業でここまで行けます。
ここでバフを極細目のウレタンに変更。
ポリッシャーのオービットも小に変更します。

15940481_1502752886420929_4805479557218018297_n

15940356_1502753069754244_8304076831081717952_n

このような状態まで1本のコンパウンドで。
コンパウンドの性能を引き出すために面圧はかけず、ポリッシゃーは支えているだけ。
上下左右にゆっくりと動かすだけです。力はいりません。
また油性のコンパウンドのように埋め隠れることがないので、仕上がりも安心。

コンパウンドの潤滑性を持たせるため、水性コンパウンドに比べて油分を持たせてありますが、拭き上げ後であれば流水で溶解する程度。
脱脂洗車を行う事でその性能ははっきりとわかると思います。
完全な水性コンパウンドにはない汎用性の高さと、道具を選ばない平均的な性能も売りです。
ウール、低反発、ウレタン、お好きな組み合わせでお試しください。


「DK NEXT CUT FINALE」

フィナーレは超微粒子の仕上げ用コンパウンドです。
こちらも1.1と同様、水溶性コンパウンドになります。
オーロラ消しや、仕上げ用の艶出しに。
またバフとの組み合わせで研磨力を調整できるのも魅力。
202ブラックなど、研磨の仕上げがデリケートなカラーにも安心してご利用いただけます。

DSCN5490

10959846_999584593404430_5241694718459754411_n

耐スリクリアや、スクラッチシールドもお手の物。
車を磨くお仕事であれば絶対に重宝します。

こんな軽度の洗車キズも

DSCN3886

DSCN3890

DSCN4214

このように仕上がります。
脱脂も容易で、1.1同様に流水だけでも油分の溶解が進みます。
カーシャンプーを用いれば完璧です。



この他にもDKにはバフも豊富。レザーのお手入れ用品、SWISSVAX(スイスバックス)もマスター・ディストリビューターからの正規取扱商品になります。

DSCN4345

dscn7288

DSCN6123

詳しくは店舗スタッフまでお問い合わせください。