レスキュー!!

2012年11月13日

G.W.頃に施工したヴェルファイヤ、オーナー様からのレスキュー依頼!
早速お車を拝見すると・・・

DSCN1321

と、運転席側ボンネットが!
そしてグリルも・・・

DSCN1322

まるで油汚れのようにギラギラです。
これは消雪パイプなどで地下水を浴びた結果だと思われます。

ん?

いや、まだ雪も降ってないのに・・・と思われるかも知れませんが、この時期は消雪パイプの放水テストが行われます。
どこかで不運にもその地下水を浴びてしまったのでしょうか?

写真は一応シャンプー洗車が終わった時のものです。
これはシャンプーでは落ちません。
スポンジやムートンが絡むようなザラザラも感じます。
かといってコンパウンドで擦ったらコーティングが台無しです。
(水垢落としシャンプーは絶対NGですよ!)

こういうときはイリオス新潟にご相談ください。
軽度でしたので、通常のメンテナンスということでお預かりしました。
(全体黄色になるほど重度であればUPグレードメンテがオススメ!)

洗車・クリーナー(薬品)処理で、水垢まですっきり!!
で、肝心のお車は・・・・・・

DSCN1323

DSCN1325

はい! こんな感じです!!

今回は最初にウチへご相談くださってよかったです!
ご自身でアレコレされちゃうと・・・。
市販のものは失敗がないように薬品は薄めに作られていたり、なんでもコンパウンドで削ってしまったりで、思うような結果が得られないこともあるようです。
外装のことで困ったら、いつでもイリオス新潟にご相談ください!!