シビックType R と BMW3

2012年10月23日

シビックType R と BMW3、今日はこの2台にかかりっきりです。

店長担当のシビックは経年劣化もあって艶が全くない状態。
阿部担当のBMWは水垢がまんべんなく・・・。

まずは店長渾身のシビック。ってまだ途中なんですが。

DSCN1262

まるでつや消し加工されたような状態でしたが、部分部分丁寧に磨かれて艶を取り戻していきます。
ひとつの面を均等な圧力で磨かなければ均等な艶が出ない・・・。
と、非常に神経を使う作業をまる1日かけてやっています。
オーナー様が見たらきっとビックリすると思います。
僕の目にはもはや別の車に見える・・・。

そしてBMWです。

DSCN1260

こちらは艶はあるものの、水垢がスゴかったです。
至る隙間にはびこっていた水垢を、こちらも部分部分見落としのないように綺麗にしていきます。
最後に1磨きして完成。
純白のボディを取り戻しました。

今日は触った台数こそ少ないものの、内容は非常に濃い1日でした。
皆様、今日もありがとうございます!!